ビジネスマン風間翔平の日記

金融関連について

ロングエントリーと移動平均線

みなさん、こんにちは!風間翔平です。

 

前回、ショートエントリーとポリンジャーバンドの話をしたので、今回は「ロングエントリーと移動平均線」について説明しようと思います。

 

ポリンジャーバンドにしても移動平均線にしても、FXで成功するために、適切なトレンドを捉えるツールである「インジケーター」です。

その中でも移動平均線(MAとも呼ばれる)は優れたロングエントリーの指標となります。

移動平均線は、一定期間の価格平均を示し、トレンドの方向性を把握するのに役立ちます。

例えば、長期の移動平均線(例:200日移動平均)が上向きで、短期の移動平均線(例:50日移動平均線)がその価格よりも上にある場合、これは強力な上昇トレンドの兆候です。

初心者にとっては、このクロスオーバーを確認することで、トレンドが形成されているかどうかを片別しやすくなります。

 

ただ、万能、というわけではなく、移動平均線がトレンド反転のサインを提供しにくい点にあります。しかし、トレンドフォロー戦略においては非常に優れており、相場の基本的な方向性を把握するのにも適しています。

初心者でも、トレンドが確定した時点でエントリーし、移動平均線のサポートを活用することで、トレンドの途中での急激な変動に対処できます。

 

総じて、移動平均線は使いやすいため、初心者にとっては強力なツールとなりえます。

トレンドを見極め、エントリーポイントを確定する上で、移動平均線は堅牢なサポートを提供してくれるのです。

ぜひ、国内FX証券会社で、適切なインジケーターを活用してみてください。