ビジネスマン風間翔平の日記

金融関連について

まずはデモトレードから!そのあとで大切な資金を!

みなさん、おはようございます!風間翔平です。

日にちが空いてしまいましたね。ちょっとバタバタしておりました。

さて、今日は「FX始めたいんだけど、何からすればいい?」という人に、これはやっておいた方がいい、というデモトレードの話をしようと思います。

始めるにあたって、十分な運用資金を確保するのは当然なんですが、そのお金をいきなり使うのはまだ待ってください。大体どこの証券会社でもデモンストレーション取引ができる、デモ口座というのを作ることができるはずです。

そこで、まずは画面に慣れ、チャートを読み、デモ取引をしばらくやってみてください。

デモ取引で勝てないのに、いきなり本番に行っても勝てるはずがありません。大切な資金を失うだけです。

デモ取引で安定して勝てるようになったら、リアル口座を開設して資金を投入して始めてみましょう!

ここで大切なのが、その資金は生活費などではなく、貯金であったり、自分が自由に使える資金である、という点です。

含み損が出れば損切りもしなければなりませんし、実際に自分のお金が増えたり減ったりすることのプレッシャーを乗り越える必要があります。

冷静で機械的損切りと小さな利確の積み重ねが、初心者を立派なトレーダーにしてくれるのです。

「これだけ覚えれば勝てる!」というような動画が流行っていたりしますが、ちょっと確認をしてください。その方はライブ配信で取引を実況していますか?動画だけ出して何かを配っていたりしませんか?

Youtubeなどにいる「海外FXで少額の資金から大きく増やせる」と謳っている人のほとんどが偽物だと思ってください。

彼らは自分の動画を見て、同じようにやってみようとする人を特定の海外証券会社に送り込むことで利益を得ているので、自分でFXで勝っているわけではないのです。

FXで本当に勝っているのなら、動画の広告収入や以前にも説明したIB報酬はいらないはずです。あなたが絶対にFXで勝てるようになったとしましょう。動画を作って編集している時間など無いはずですし、そんな暇があるならFXで勝ったお金で遊んでいると思います。

つまり、動画を出している時点で、「FX自体では勝ててない人」か「宣伝」なわけです。

それよりも、FXには色々な理論がありますけれども、自分がデモトレードで見出した「勝ちパターン」こそ、あなたを裏切りません。

さあ、思い切って国内のFX証券会社を使ってFXを始めてみましょう!