ビジネスマン風間翔平の日記

金融関連について

株式取引の材料とは、つまり風が吹けば桶屋が儲かる?

みなさん、おはようございます!風間翔平です。

 

昨日、面白い話を耳にしました。

世間を騒がせた中古車販売のビッグモーター。

そこで使われていた除草剤がチラッと報道に映ったことから、

「木を枯らすほど強力な除草剤」を作っているメーカーとして、

その除草剤メーカーの株が急騰したんだそうです。

きっと株を買った人たちは、それだけ強力な除草剤を作っているんだから、

売り上げが上がるだろう、と思ったんでしょうね。

そんな人が大勢いたのかと思うと、世間的には大事件ですが、投資の観点からすると、

非常に滑稽に思えます

 

FXも、僕は主にGOLDで取引をしていますが、為替相場とは密接な関係がありますし、

アメリカであったり、主要国の重要経済指標に大きく左右されます。

FXを長年行っている人は「ダウ理論」のような、上昇トレンドなのか、下降トレンドなのか、という相場の波を瞬時に見切れるそうですが、僕はまだまだその域に達していません。

ですが、それがちょっとでもわかるようになると、裁量取引というのは、非常に面白くなるんだと思いますし、実際に利確する時、損切りする時にためらいもなくなるのでしょう。

 

CFDもFXも、単純なようで、この奥の深さがとても魅力的なのです。

資産運用を本格的に始める前に、少額から取引をして慣れる、というのはとても有効な手段だと思いますし、今は手軽に始められる証券会社も多いです。

ほんの少しでも興味が湧いたなら、まず始めてみることをオススメします。